家紋とは

見たことや聞いたことはあると思いますが、実際どういうものなのか、
どういう由来でその模様になっているのかなど、意外と知らないことが多いのではないでしょうか。
当サイトでは、家紋についての情報をお伝えします。


家紋の種類

家紋には下記の種類があります。
花紋、植物紋、動物紋、天然紋、文様紋、尚武紋、調度紋

それぞれ特徴があり、ある一定の規則性をもって分類されています。
家紋の鬼では、それらを順次ご紹介していきます。


植物紋(しょくぶつもん)

松、杉、楓など、植物を象った家紋です。
葵、麻、芦、粟、虎杖、銀杏、稲、車前草、楓、柏、梶、片喰、蕪、河骨、榊、歯朶、棕櫚、杉、薄、大根、笹・竹、茶の実、丁字、蔦、唐辛子、梛、茄子、南天、萩、芭蕉、柊、瓢、葡萄、松、茗荷、桃、蕨
当サイトで扱う植物紋(かもん)
葵、麻、芦、粟、虎杖、銀杏、稲、車前草、楓、柏、梶、片喰、蕪

聞いたことがないものも多数あるかと思いますが、基本的には全て植物の名前ですので、
それぞれの名前で画像を検索してもらえればイメージしていただけると思います。

他の植物紋について知りたい場合はこちらのサイトをご覧下さい。
植物紋を学ぶ2
植物紋を学ぶ3

ページのトップへ戻る